すぐお金がいる!という方へ

すぐお金がいる、今日中どころか今すぐにでもお金が必要と、という事態に見舞われたら、みなさんならどうしますか?子供が急病で入院することになったが手持ちのお金に余裕がない、旦那さんや奥さんが倒れて収入が絶たれどうにもやりくりがつかなくなった、遠くにいる親戚が亡くなったので駆けつけたいけれど費用がない……といった場合であれば親や兄弟など近しい方に事情を話しお金を借りる、という方もいることと思います。
ですが、人に話せない事情によりお金が必要になった場合や自らの失敗によって借金を背負ってしまいその穴埋めのためにすぐお金がいる、といった時には身内にも借金の申し出をするのは気が引ける、頼みにくい、という方が多いと思います。
もちろん、そんなに深刻な状態ではないにしても長く生きていれば、「すぐお金がいる」という事態に直面することがあるかもしれません。そんな時、便利なのが利用目的フリーの即日融資可能なカードローンやキャッシングサービスです。
近年、パソコンやスマホなどインターネットを利用して手軽に申込み〜契約まで完結でき、更に希望すればその日のうちに振込による融資を行ってくれるカードローン・キャッシングサービスが増えてきています。しかし、すぐお金がいる、という事態はいつ訪れるか分からないことですし、即日融資可能なカードローン・キャッシングであってもお金 借りる審査申込み時間や契約・振込手続き完了時間によっては当日中に融資してもらえないこともあるので注意が必要です。

消費者金融から電話が会社に掛かってくるのは嫌なんですけど……。

消費者金融にお金を借りようか悩んでいる方で、やはり気になるのは審査ですよね。審査に通過すれば、消費者金融の便利なサービスを利用できますが、そうでなければ、どんなに望んでもお金は借りられません。
この審査には過去と現在の審査があります。過去については、今までの借入履歴や事故情報が調べられます。そして、現在については収入の確認です。要はあなたがきちんと仕事をしているかが調査されます。ということは、自動的に職場への在籍確認が必要となります。
ここで、皆さんがよく不安になるのが、電話が会社に掛かってくるのではないかということです。消費者金融から会社に電話が掛かってくれば、借金をしようとしていることがバレるのではないかと、誰もが不安になって当然です。
収入証明書不要 カードローンでお金を借りるとなれば、在籍確認は必ず受けなくては、審査には通過しません。しかし、この在籍確認の電話で消費者金融が自ら会社名を名乗ることはありません。従って、この電話で借金がバレることはないのです。
それでも、どうしても電話が会社に掛かってくるのは嫌だという人もいるでしょう。そうであれば、在籍確認は代替え措置を取ってくれる消費者金融もあります。WEBで申し込みをして、その旨を選択すれば、会社に電話をすることなく、書類や社員証などで在籍確認をとってくれるところも存在しています。
消費者金融としてのサービスも顧客のニーズに合わせて、多種多様に変化し、どんどん便利になっているのです。

中小消費者金融を利用する

消費者金融も企業と同じで大手消費者金融業者と呼ばれるところと、中小金融業者があります。
大手消費者金融の情報はインターネットで検索すれば、あらゆる情報が出てきますが中小消費者金融の情報は探してもなかなか見つかりません。
これはインターネットの検索は探しやすい情報と探しにくい情報が有るため、中小消費者金融を詳しく調べようと思ってもなかなか思うような情報が集まらないのが現状と言えます。
中小の審査通過率の高い消費者金融は大手で融資が受けられなかった人でも審査が通りやすいことが知られており、大手はマニュアルどおりに審査するために少しでも条件からはずれると、それだけで審査をしてもらえません。
中小消費者金融は表立った宣伝はしていませんが、債務整理経験者であったり他社にも借金があったり過去の返済履歴が悪いといった金融ブラックと呼ばれる人でも、現在の状況を見て返済能力があると認められれば融資をしているところもあります。
ただ中小消費者金融を利用するときに気を付けなければならないのが、「ヤミ金」と呼ばれる業者も混在し、これらの業者に手を出してしまうと取り返しのつかない事態を招く恐れがあるので業者選びは慎重に慎重をかさねることが重要になります。
正規の登録貸金業者かどうかを調べる方法として、金融庁のホームページに「消費者金融業者検索サービス」があり、登録番号や商号、所在地、代表者などから検索できるので、検索サービスなどを利用して調べる必要があります。

無人契約機の流れを知ろう

日本で最初の無人契約機は、1993年に登場したアコムの「むじんくん」です。
それ以降、多くのキャッシング会社が無人契約機を設置するようになりました。
「対面で担当者と直接顔を見合わせることなく申込ができる」
「わざわざ店頭に行く必要がなく、近くの無人契約機で申込できる」
このような特徴をもつ無人契約機の使い方の流れを見てみましょう。
持っていくものは「身分証明書」
運転免許書や健康保健証を準備しましょう。
申込金額によっては「収入証明証」が必要になることもあります。
事前に確認しておくようにしましょう。
無人契約機に出向き、入口にしっかりと鍵をかけましょう。
そして、以下の手順で申込を進めていきます。
?「申込スタート」などのタッチパネルを押す。
?オペレーターによる説明をしっかり聞く。
?申込用紙に必要事項を記入する。
?記入した申込用紙・身分証明書・(必要な場合は)収入証明書をスキャナーにセットして送信する。
?住所や生年月日などのオペレーターからの質問に回答する。
?在籍確認が行われ、審査がスタートする。
?審査に合格すると、融資限度額が発表される。
?全ての項目に納得して、契約書にサインする
?カードが発行されるので、受け取る。
以上で、申込完了、受け取ったカードでお金を引き出すことができます。
可能であれば、自宅などでインターネットから事前に申込を行っておくとよいでしょう。
即日融資審査にかかる時間が省略され、その場ですぐにカードを受け取ることが可能です。
疑問点などはオペレーターに確認しながら、確実な利用を心がけましょう。

事業者ローンカードって何?

皆さんはカードローン 審査基準というものをご存知ですか?
これは、いわずもがな、個人事業者や事業を行っている事業者用のカードローンとなります。一般のカードローンと同じように使えるので、非常に便利なサービスです。
通常のカードローンの資金使途をご覧になったことはありますか?カードローンは資金使途に制限は無いので、使い方は基本的に自由なのです。しかし、実は1つだけ制限があるのです。それが、「事業資金」です。カードローンの資金使途には「事業資金は除く」という、断り書きがあります。
ですから、この事業者向けのカードローンが、存在しているのです。このカードを利用すれば、融資金を事業への利用に充てることができるようになっています。それを利用するためのカードが、事業者ローンカードになります。
一般的なカードローンと、大きく違うのは、(金融機関や商品にもよりますが)金利です。事業者ローンカードは金利が比較的低く設定されているのです。
10%前後から18%が主流の一般的なカードローンに対し、事業者カードローンでは2%前後から15%前後程度。(各銀行や金融機関によって違います)事業資金に利用するのに、金利が安いはとても助かりますよね。
また、設定金額も高めに設定できるのも便利です。
しかし、このサービスを申し込むには条件があるのでご注意ください。もちろん、申込者は事業主でなければならないので、サラリーマンの方は申し込むことはできません。また金融機関によっては、有担保型と無担保型があったりします。

消費者金融ベーシックを利用する

消費者金融ベーシックは消費者金融をえらぶときに、参考になる情報を発信しているインターネットのサイトです。
これまで消費者金融を利用したことがないというかたが利用するにあたって、知っておいたほうがよい情報を数多く掲載していて、金融関係の基本情報や選びかたなど条件によってちがいますが、自分の環境にあわせた金融業者を自分で探すのはむつかしく、ベーシックの情報を参考にすればより早く希望するキャッシングができます。
金融会社の情報の中には最近話題になっているおまとめなどについても書かれていて、金融会社から融資を受けている場合でも役に立つ情報が掲載されていることから、複数社の借入が有る場合、おまとめローンなどを利用して現在の利用金利を安くするためにはどのような金融をえらべばよいかなどを考えるための記事なども参考にできます。

キャッシングの申し込み方法などについてもわかりやすくまとめられていることや、申込む前になにをするれば良いのかがわかりやすく書かれていて、消費者金融のメリットやデメリットについてもくわしく記載されていますからそれらを参考にしてキャッシング会社に申込ができます。
ベーシックのサイトで掲載されているのはキャッシングを利用するときの注意や、業者選びの基本になることや、最近の無担保借り入れ会社について多くの情報がまとめられているので、キャッシングを利用する前に押さえておくべき情報がわかりやすくまとめられています。

「消費者金融」とは……?

みなさん、「消費者金融」という言葉を聞くと、何をイメージしますか?
「お金を借りるところ」「サラ金」「ちょっと怖い」なんてイメージや、「大手といえばアコムやアイフル」などですかね。
しかし「消費者金融とは」と、辞典で調べてみると……
「消費者(家計部門)に対し、主として自動車、電化製品、ピアノ、家具などの耐久消費財や旅行、教育などのサービスの購入のために資金が融通されること。日本では金融機関の家計部門に対する住宅金融を加えて消費者金融と呼ぶことがある。企業の生産活動に必要な資金を融通する企業金融と対比される。消費者金融は、消費者の家計においてその所得だけでは必要な消費を満たすことができない場合に必要となる。企業金融の場合とちがって利潤を得るための資本として利用されるのではなく、消費財やサービスの購入にあてられるため、元金と利子は消費者の将来の所得から支払われる。」
となっています。こちらは世界大百科事典 第2版の解説です。しかし、他の辞典も同じような言葉の解説になっています。この説明を聞くと、私たちが通常利用している意味と微妙に違っていませんか?
私たちは普段は、消費者金融という言葉を使う場合、銀行カードローンなどとは明らかに区別して使っていますが、この事典の意味からすると、そうした銀行の長期的ローンも含んでいます。
また、一説には、アコムやアイフルなどの貸金業を「消費者金融」と呼ぶようになったのは、彼らが「サラ金」「マチ金」のイメージを払拭したいがために、自らそう名乗るようになったとか……。
「消費者金融」とは……?ちょっと不思議ですね。

個人事業主がお金を借りることは難しい?

個人事業主の方はお金を借りる先を見つけることはとても難しいものなのです。企業などに勤めている正社員の方は、収入が安定していることが明確なことが多いためやはり借り入れ申し込みをしても審査が可決になりやすいのです。
個人事業主の方は、起業したばかりですと事業用資金を銀行に申し込んでも門前払いということになってしまいます。2期分以上の決算書を提出しなければなりませんので、まとまったお金が必要となる起業時に利用しにくいという面があります。
起業用のローンなどは、金融機関に申し込んでもそう簡単にはいかないでしょう。国金と呼ばれていた機関は、現在日本生活金融公庫という名称になっており起業のための資金や経営して間もない方のためにも貸付をしています。他にも市区町村などで起業に関する資金を用立ててくれるところもあります。
個人事業主の方は特に借り入れ方法は、一つの金融機関のローンが組めればそれでよいというわけには行きません。資金が回らなくなった時にはどのようにするのかというプランに基づいて、複数の借り入れできる方法を準備する必要があります。
加えて、生活費などの不安にはどのように対応するのかという方法も考えておく必要があります。事業用資金として借り入れした場合には、原則として生活費には利用できないというローンが多いからです。
今後も企業形態の変化などに伴って、個人事業主の方は増加していくのではないでしょうか。自分で起業をする前から、資金に関しては大きな問題として立ちはだかってくるものです。借り入れの申し込み先をできるだけ多く知っておくことは、事業を進めていく上で重要なことになるのです。

消費者金融の延滞金は払わなくてはいけないの?

消費者金融からお金を借りたことのある経験があればお分かりの方も多いと思いますが、お金を借りれば、当然利子が付きますよね。
毎月必ず、お金は返済していかなければなりませんが、返済が遅れたり、滞納したりした場合には、延滞金を取られるシステムになっています。この延滞金が実は結構やっかいなものであったりします。
いちいち延滞金を取るのに契約者から許可を得るようなことはしません。 最初に契約をして契約者もそれに了承しているからなのです。 かなり多くのお金を消費者金融から借りる場合には この延滞金だけでもかなりの額になることもあります。そしてどんどんと返済額が増えていきますので最終的には債務整理などをしなければいけなくなることもあるのです。
もしもどうしても延滞すると決まっている場合、そして仕事を失ったなどで支払が困難になってしまった場合には
そのまま黙っているのではなく消費者金融のほうに相談をするようにしてください。そうしますと契約の内容を変えてもらえるかも知れませんし、返済日の変更をしてもらうこともできます。
ただあまりにも延滞をしますと、そのあと延滞金も全て支払ったとしても金融事故としてブラックリストに名前が残ってしまう可能性がありますので、ご注意ください。
本来、返済が滞りなく行われれば、延滞金というものは発生しません。借りた時点で、しっかりした返済計画を立てておけば、これに苦しめられる心配はないわけです。

キャッシングの遅延損害金はいつまでも続く

消費者金融への返済が遅れたとき、遅延損害金を支払うことになります。
返済日の翌日から発生する遅延損害金利はどこの消費者金融でも20.0%です。
消費者金融では上限金利が18.0%となっていますので、高金利の消費者金融のキャッシング比較よりもさらに高くなっています。
遅延損害金は返済が支払われるまで毎日加算される利息です。
通常の金利よりも高くなっていますので膨らむ一方です。
もし返済が遅れそうであれば消費者金融に連絡をしましょう。
遅延損害金の発生は避けられませんがそれでも返済可能な日を伝えるというのは重要なことです。
その返済を再度約束をした日までは取り立てや督促の電話はありません。
遅延損害金が加算されるだけとなっています。
とはいっても遅延損害金は低い金額ではありませんのでできる限り支払いたくはないものです。
法定金利内となっていますので20.0%に何の問題もありません。
返済が遅れてよいことなどあるものではありません。
信用がなくなり、遅延損害金が発生し、返済額は大きくなるばかりです。
しかし、どうしても返済額が用意できないこともあるかもしれません。
そんなときにはまず電話をしましょう。
そして返済可能な日程を伝えることが必要です。
返済を放置するのではないという意思表示です。
どうしても返済ができないときにはそれなりの対処をしていかなくてはなりません。
借金をまとめることになるかもしれませんし、債務整理をすることになるかもしれません。