消費者金融の延滞金は払わなくてはいけないの?

消費者金融からお金を借りたことのある経験があればお分かりの方も多いと思いますが、お金を借りれば、当然利子が付きますよね。
毎月必ず、お金は返済していかなければなりませんが、返済が遅れたり、滞納したりした場合には、延滞金を取られるシステムになっています。この延滞金が実は結構やっかいなものであったりします。
いちいち延滞金を取るのに契約者から許可を得るようなことはしません。 最初に契約をして契約者もそれに了承しているからなのです。 かなり多くのお金を消費者金融から借りる場合には この延滞金だけでもかなりの額になることもあります。そしてどんどんと返済額が増えていきますので最終的には債務整理などをしなければいけなくなることもあるのです。
もしもどうしても延滞すると決まっている場合、そして仕事を失ったなどで支払が困難になってしまった場合には
そのまま黙っているのではなく消費者金融のほうに相談をするようにしてください。そうしますと契約の内容を変えてもらえるかも知れませんし、返済日の変更をしてもらうこともできます。
ただあまりにも延滞をしますと、そのあと延滞金も全て支払ったとしても金融事故としてブラックリストに名前が残ってしまう可能性がありますので、ご注意ください。
本来、返済が滞りなく行われれば、延滞金というものは発生しません。借りた時点で、しっかりした返済計画を立てておけば、これに苦しめられる心配はないわけです。

キャッシングの遅延損害金はいつまでも続く

消費者金融への返済が遅れたとき、遅延損害金を支払うことになります。
返済日の翌日から発生する遅延損害金利はどこの消費者金融でも20.0%です。
消費者金融では上限金利が18.0%となっていますので、高金利の消費者金融のキャッシング比較よりもさらに高くなっています。
遅延損害金は返済が支払われるまで毎日加算される利息です。
通常の金利よりも高くなっていますので膨らむ一方です。
もし返済が遅れそうであれば消費者金融に連絡をしましょう。
遅延損害金の発生は避けられませんがそれでも返済可能な日を伝えるというのは重要なことです。
その返済を再度約束をした日までは取り立てや督促の電話はありません。
遅延損害金が加算されるだけとなっています。
とはいっても遅延損害金は低い金額ではありませんのでできる限り支払いたくはないものです。
法定金利内となっていますので20.0%に何の問題もありません。
返済が遅れてよいことなどあるものではありません。
信用がなくなり、遅延損害金が発生し、返済額は大きくなるばかりです。
しかし、どうしても返済額が用意できないこともあるかもしれません。
そんなときにはまず電話をしましょう。
そして返済可能な日程を伝えることが必要です。
返済を放置するのではないという意思表示です。
どうしても返済ができないときにはそれなりの対処をしていかなくてはなりません。
借金をまとめることになるかもしれませんし、債務整理をすることになるかもしれません。

新生銀行カードローンレイク2つの無利息期間

新生銀行カードローンのレイク、銀行でありながら消費者金融のように金利が高いながら人気があるのは無利息期間があるからです。
しかも現在ある金融業者の中で最も無利息サービスが充実しています。
2つの無利息期間からの選択ができます。
それではレイクにある無利息期間をご説明しましょう。
・180日間無利息
借り入れ金額の中で5万円までが無利息期間となります。
5万円を超える借り入れ金額、そして期間終了後は通常金利が適用されます。
・30日間無利息
借り入れ金額に制限はありません。
30日間を超えると通常金利が適用されます。
今では30日間無利息はそれほど珍しいものではないでしょう。
ジャパンネット銀行ネットローンでも、SMBCコンシューマファイナンスのプロミスでも、消費者金融のノーローンでも無利息期間があります。
しかし180日間つまり半年も無利息となるのは借り入れ金額のうち5万円だったとしても現在の金融業者の中では群を抜いて最長です。
即日融資も可能な新生銀行カードローンのレイクでは借り入れ金額が5万円以内に抑えることができ、なおかつその後借り入れが頻発しないというのであれば180日間無利息が最も活用できます。
これはレイクの中で活用しがいのあるプラン、というのではなく金融業者全体を見ても間違いないでしょう。
利息の支払いがないのであればもうフリーローンを比較する必要はありません。
即日キャッシングも借り入れ金額を考えて借り入れ先を選択しましょう。

消費者金融の返済シュミレーションを利用する

消費者金融を利用してキャッシングを始めようと決めたら、最初に考えなければならないのは返済期間が長くなるとき、返済計画を具体的に考えておかなければ途中で返済ができなくなったということもあり得ることで、返済シュミレーションなどを使って事前に計画を立てることが必要になります。
短期で借りて翌月完済をするときはそれほど詳しく計画を立てる必要はありませんが、長期間返済を続けなければならないときは、その間に発生する冠婚葬祭、子供の学費、住宅の購入などを計画しているときは前もって返済計画に組み込んでおかなければ当初予定していた返済計画が大きく変わり、返済ができなくなるといったことにもなりかねません。
消費者金融ランキングのホームページに「返済シュミレーション」が用意されているのでそれを使い、予定される出費などもあわせて「毎月返済金額」と「返済期間」に具体的な数字をあてはめていくと、これ以上は無理というラインが見えてくるので、それ以上の借入れをすることは控えるようにすることが重要で、ぎりぎりの線まで借りることは予想外の出費があったとき、たちまち計画が崩れてしまうので多少の余裕をもって借入金額を決めるようにしなければなりません。
仮に無理をして遅延などを起こすと、信用機関の個人情報に記載されるのでキャッシング以外に融資を受けるとき、それが原因で融資を受けられなくなることもあり、返済を事故なく続けるためにも余裕を持った返済計画を立てることが重要となります。

お金を借りる時の注意点

他人からお金を借りる時、借り方や返し方には十分気を配って下さい。クレジットカードをショッピング目的で作った場合、借り入れの条件をきちんとチェックしないまま、何となく借りてしまった……という方は多いでしょう。反対に、お金を借りる目的でカードローンサービスに申し込まれた方は、金利や貸し付け条件、契約書の内容をチェックした上でサービスの利用を開始しています。
もちろん、カードローンサービスに申し込まれた方の中にも、十分契約内容を確認しないままキャッシングしているという方がいます。今からでも遅くないので、再度、借り入れの条件や金利、返済総額をチェックしてみて下さい。また、貸し付け条件に沿った借り方が出来ているか、再確認することが必要です。
後で「規約違反だった!」と気がついた時は、利用の仕方を改めましょう。必要な申告は修正して、カード会社に報告するようにしてください。勤務先や住所が変更になった、借り入れの状況が間違っていたなど、改めるべきことを再確認するのは、決してムダなことではありません……。
もちろん、厳しいカード会社なら「会員資格の剥奪やカード利用の停止」に踏み切るかもしれません。しかし、後で分かってトラブルになるよりは、早めに自己申告する方が安心出来ます。こうした問題が起こらないようにするには、即日借り入れをする段階できちんと契約書に目を通すことです。どんなに複雑な契約書類でも、最後まで諦めずに読み通す努力が必要となるでしょう。

どこを選ぶ?即日融資の消費者金融

即日融資での借入れを考えるときに多くの方が利用するのが消費者金融ではないでしょうか。消費者金融は全般的に審査スピードが早く即日で利用したいのであれば最も向いている金融機関と言えるでしょう。

数ある即日融資消費者金融のなかでどのカードローンを選ぼうか、というときには金利や限度額、審査時間などさまざまな比較項目から検討することと思います。しかし、正直なところ、消費者金融のカードローンの金利や限度額といった差は今ではあまりありません。大体各社が同じようなスペックのカードローンとなっているのです。

たとえば金利で言えば、上限金利に付いてはほとんどのところが18%と定めています。最低金利は4%台のところもあれば6%台もあるというように多少ばらつきはありますが、50万円以下など小額融資の際にはほぼ上限金利の18%が適用になるでしょう。そう考えると消費者金融ならどこで申し込んでも18%くらいになるためあまり差がないというように考えられるわけです。

また、限度額に関しては最高を300万円~500万円と定めているところが多いですが、そうは言っても総量規制の影響を受けますので自身の年収の3分の1までしか借りることはできません。そのため、ここでも各社で差がないということが言えるのです。審査に関しても銀行カードローンと比べますと各社全体的に柔軟な傾向にありますし、あとは提携ATMの多さや手数料無料があるかどうか、また即日振込なら手続きのタイムリミットに猶予があるかどうか、無人契約機が近くにあるかどうかなどといったサービス内容の面でどのカードローンを利用するのかを選んでみるのがいいのではないでしょうか。

消費者金融キャッシングの審査に必要な書類

消費者金融キャッシングの審査には必要な書類があります。
本人確認証と、状況に応じて収入証明が提出書類となります。

本人確認書類として用意できるのは基本的にはどこの消費者金融でも変わりありません。
運転免許証が本人確認書類となっていますが持っていない場合にはパスポートや健康保険証でも問題はありません。
ただしそれ以外を提出したいとき、消費者金融に対応可能な本人確認になりえるのかを確認しなければなりません。
例えば学生の借り入れが可能となっている消費者金融でも学生証が本人確認として利用できることはありません。

状況によっては収入証明書類としましたが、これは総量規制によって決められています。
総量規制では年収の3分の1以上の金額を貸金業から借り入れできないとしていますので、借り入れ金額が増えるとその収入の範囲となっているのか確認しなくてはなりません。
そこで総量規制では収入証明提出のタイミングを決めています。
他社からの借り入れがなく1社への借入希望金額が50万円を超えるときに必要です。
また他社からも借り入れがあるときにはその総額が100万円を超える時点での申し込みで収入証明書類が必要となります。
このラインに達していないときには収入証明書類は提出を求められることはありません。

銀行員が必要なのではないか、銀行口座が必要なのではないか、保証人や担保はどうなのだろうかと心配していたのではないでしょうか。
実際に見てみると申し込みや審査で必要となるのは本人確認書類くらいのものです。